手術はまだするな。手術不要で切らずに治る!


自宅でこっそり包茎を治す方法!


包茎の見分け方

包茎にはどんな種類が有り、どうやって見分けると良いのでしょうか?

自分(仮)は、どの程度の包茎なんだろう?
手術や治療をした方が良いんだろうか?

と考えだすと段々と深刻に悩みだしてしまいました・・・

包茎の種類には、大きく分けて3種類有るようです。「真性包茎」「カントン包茎」「仮性包茎」とこの3つが大まかな分類になるようです。

  • 真性包茎

皮の部分をむこうとしても亀頭がまったく露出しない状態です。

  • カントン包茎

むけるけども皮の口が小さいので、無理にむくと亀頭部分を締め付けてしまって危険な場合になることもあるようです。

  • 仮性包茎

割と簡単に剥けるけれども、皮が比較的たるんで(あまって)いる状態から、勃起すると正常の状態にむける場合も含まれる様です。(程度の関係で、カントンと仮性の境界線はアイマイ。)

 

日本人の場合、5割以上の男性が仮性包茎を含む「包茎」だという数字も有ります。

そして、もう少し調べてみると真性包茎とカントン包茎だと、手術をした方が良い様です。

完全露出でなくとも支障がない軽い仮性包茎(勃起時に皮をむけばちゃんとむけますし、その皮が戻らずに亀頭が露出している)の場合は、手術も早急な治療なども不必要のようです。