手術はまだするな。手術不要で切らずに治る!


自宅でこっそり包茎を治す方法!


包茎と病気(性病など)の関係

包茎の場合、衛生的に問題があるので、亀頭包皮炎や性病になる可能性があります。

また恥垢が溜まる条件が揃っているので、真性やカントン包茎ですと、亀頭部分を洗うことが難しいために「悪臭を放つ」などの可能性があり、カビや細菌の繁殖を容易にしてしまい、炎症や感染症の原因になってしまうかもしれません。

「性交をしていないのに性病になっていた。」なんて可能性もある訳です。ですが、一見すると性病?と言う場合も多いのです。

その代表的なのが、「尖圭コンジロ−ム」と「フォアダイス」です。

 

■ 尖圭コンジロ−ム

コンジロ−ムの病原体はヒト・パピロマ・ウイルスで、おもに亀頭のまわり(カリ首と言われる部分)や、亀頭に近い薄い包皮の部分にできるイボ状のでき物です。
痛みも痒みもないため放置してしまう人もいますが、どんどん増殖して皮膚ガンの原因になるとも言われています。

 

■ フォアダイス

フォアダイスは主に亀頭のカリ首にある白いブツブツで、増えたりはほとんどしません。ただの脂肪のブツブツです。包茎で不潔な状態だと目立つようになりますが、性病ではありません。目立たない小さなものであれば治療する必要はありません。
ただ目立つものであれば見た目が悪いため治療を希望される方は多いです。

 

■ コンジロームとフォアダイスの見分け方

ブツブツに気が付いてから大きくなったり増えたりした場合コンジロ−ムの可能性が高いと思われます。
見た目にはなかなか判断がつきにくい症状でもありますので専門の医師(ドクター)に診てもらうことをおすすめします。