手術はまだするな。手術不要で切らずに治る!


自宅でこっそり包茎を治す方法!


包茎手術は泌尿器科か形成か

包茎手術は泌尿器科か形成外科か、どちらなのか迷う人は多いと思います。違いは、包茎手術の内容にあります。

 

泌尿器科

泌尿器科は、正常なペニスに戻すための包茎手術や、包茎に関係する性病の治療を行います。

皮が剥ける時期は、小学生高学年から中学生までで、18歳までに剥けなければ、包茎だと考えても良いでしょう。

泌尿器科の包茎手術は、部分麻酔で手術時間は10分程度です。費用は保険が適用されるので、成人の場合、約8万円で行えます。

 

形成外科

形成外科になると、包茎手術は勿論のこと、亀頭部分をシリコンなどで大きくしたり、ペニス自体を長くしたり、セックスライフを楽しむために勃起時の状態を持続するようにしたり、単なる包茎手術ではなく、美容整形の要素も入ってきます。

色々なコースが選べて、費用は15万円〜50万円までが多いようです。

 

例えば形成クリニックで有名なところと言えば 上野クリニックなどがあげられますね。

 

包茎手術をする事は、なるべくなら家族や知人には知られたくはないでしょう。

そういう事を考慮して、病院の泌尿器科やクリニックなどは、メールやフリーダイアルなどの相談窓口を設けているところが増えてきました。

包茎手術だけをするのであれば、泌尿器科に行くのが良いですし、包茎だけではなく色々と直したいのであれば、形成が出来るクリニックに行くのが良いでしょう。