手術はまだするな。手術不要で切らずに治る!


自宅でこっそり包茎を治す方法!


手術の痛み、術後の痛み

意外と男性は痛みに怖がりです。手術中、手術後の痛みが不安で包茎手術をためらう方も多いようです。

包茎手術の時は麻酔のために打つ注射がありますが、その痛みさえなんとかなれば、手術中の痛みは感じません。麻酔は細い注射でゆっくり麻酔をする方法があります。雰囲気としては皮をつねる感じです。

包茎手術で全く痛みを感じない麻酔もあります。何段階かに分けて麻酔をかける方法で、例えば抜歯の時にいきなり注射を打つのではなく、歯茎に麻酔液を塗ってから注射を打つ方法のようなイメージです。場所が場所だけに、麻酔液ではなく麻酔テープというのを使用します。

包茎手術の方法は左程変わりないようですが、麻酔の方法はクリニックによりそれぞれですので、気になる方はクリニックで採用している麻酔方法などを確認しておくと良いでしょう。

包茎手術後は2時間ほどで麻酔が切れます。皮を切り縫合したのですから痛みはありますが、処方する痛み止めで充分落ち着きます。人によって個人差があるのですが、鈍い痛みが続く場合はありますがそんなに苦痛ではないと思います。

ただ、勃起時に短くした皮の分、皮が引っぱられるような痛みがあります。しかし、包茎手術後の正しい処置をしていれば、痛みも皮が引っぱられる違和感というのも自然になくなります。

また包茎手術後の包帯の圧迫も、就寝中の勃起により締め付けられる感じがあるため、時に目が覚めてしまうこともあります。包帯がキツイと感じるときは就寝前に包帯をゆるめると楽になるります。

 

こうした悩みは一人ではなかなか回答が出ないものです。そうした場合、専門家に相談することも大切ですね。

本田ヒルズタワークリニックでは対応がすべて男性スタッフで、24時間無料でメール相談が可能です。

無料相談はカウンセリングであなたの包茎の悩みに真摯に答えてくれます。医院長の本田先生は精神科医としての実績も豊富なため、まずは無料メール相談・カウンセリングで あなたの包茎に関する悩みを相談しましょう。それが解決への近道ですよ。

本田ヒルズタワークリニックへ無料相談する