上野クリニックの詳細


山の手形成クリニックの詳細


包茎は悪い事なのか

カッコ悪いという問題ではなく、包茎だと一つも良いことはありません。
一説によると、日本人の成人男性のうち、60%〜70%が包茎だと言われています。

珍しくないと思いがちになりますが、医学的にも性生活的にも、包茎は早く治しておくに超したことはないのです。

包茎と一口に言っても、果たして何が問題なのか疑問に思ったり、漠然と包茎ではない方が良いに決まっていると思ったりする背景には、それなりの理由が隠されています。

まずは、見た目の問題です。
皮がかぶっているとカッコ悪いというだけでなく、亀頭部分が発育せず、先細りで貧弱なペニスになってしまいます。

次ぎに、機能面です。
普段から亀頭部分が露出していないため、いざセックスとなると過敏に反応しすぎる、いわゆる早漏になってしまうのです。

そして、衛生面や医学的な面から見た病気などの問題もあります。
常に包茎の状態だと、不潔物質が溜まるために悪臭を放ったり、雑菌が亀頭皮に付着し炎症を起こしたり、さらには亀頭部分にブツブツができる尖形コンジロームや、クラミジアにかかったり、性病にかかりやすいというデータもあります。

包茎は、医学的な面から見ても良い状態だとは言えないので、早く治した方が賢明でしょう。